勤務医として働いていると、「もっと違う環境で腕を振るってみたい」と感じる瞬間が訪れるかもしれません。
動機はどうであれ、医師も積極的に転職を考える時代。自分のキャリアのためにそれを具体的に検討し始めることは、どのような結果になったとしても無駄にはならないはずです。

医師の転職先の1つ「クリニック」

医師の転職先には幾つか選択肢がありますが、その一つがクリニックでの勤務。
自ら開業する人もいれば、誰かが運営している施設で雇用されるという選択肢もあるでしょう。
そこでは、勤務医にはない環境が待っています。
メリットもあれば、デメリットもあるでしょう。
どちらが大きいのかをよく考えてから転職しなければいけません。

クリニックの医師求人は決して少なくありませんが、それに応募し採用されても雇用してもらう立場であることはこれまでと同じです。
中には院長を募集している求人も見つけられるものの、経営そのものを任されるわけではありません。
いわゆる、雇われ院長と呼ばれるもの。

当たり前のことですが、その求人がどのような人材を求めているのか、募集している診療科目な何なのかなどの確認を怠らないようにしましょう。

全ての科目を募集しているとは限りません。
責任ある役職に就ける経験豊富な人材を探している医師求人もあります。
それぞれの医療施設のニーズと自分のキャリアや立場、能力や条件等が合致しているかを慎重に見極めるようにしてください。

医師の数が少ないからこその負担もある

間違っても、「クリニックの方が働きやすい」とは思わないこと。
確かに大学病院などの勤務医と比較するとメリットが多いとは言われますが、その分犠牲にしなければならないものも出てきますし、相性が悪ければ転職前よりも負担やストレスを感じることもあるかもしれません。

医師の数が少ないからこそ、より人間関係に悩んだり、1人1人の負担が増える可能性もあります。
また、医局や派閥などがないことで、自ら求めなければ新たな知識や治療法などを手に入れるのが難しくなるかもしれません。

広い視野を持ち転職先を決めること

まずは、なぜ今の環境から抜け出そうとしたのか、なぜ新しい環境を求めたのかを整理することから始めてください。
その上で、自分の目指す場所が大規模な病院にはないと感じれば、そこで初めてクリニックへ活躍の場を移す価値や意義が出てくるのです。

小規模な施設への移動ありきで物事を考えないこと。
もっと広い視野を持ち、行く先を決めていかなければいけません。
まずは医師求人の賢い選び方を勉強してみる事を強くお勧めします。

もし広い視野を持ったり、自分にとってどの道が正しいのかが分からなければ、医師求人を取り扱っているエージェントのコンサルタントなどに相談してみるのもいいでしょう。
第三者に意見を聞くことで、冷静に考え、正しい決断を下すことができるはずです。