1. クリニック勤務医師の平均年収は本当に高いのか

クリニック勤務医師の平均年収は本当に高いのか

医師免許を持ち医師として働く人たち同士でも、お金の話というのはあまりしないものです。
特に、給与に関しての話は他の業界と同様にタブー。
それが大学病院とクリニックのような規模の異なる施設同士であれば、交流もそもそも少ないでしょうし、お互いの懐事情を把握するのはより困難でしょう。

ただ、診療所勤めの医師は給料が高い、そんな話は大学病院勤めの医師でも聞いたことがあるはず。
本当にクリニックのようなところで働く医師は、大学病院などでの勤務と比べると多くの収入を得ているのでしょうか。

開業医の場合、年収がアップする可能性大

もし自ら開業するのであれば、年収はアップする可能性大。
病院に勤務している医師の平均年収は1100万円ほとど言われており、調査によっては1300万円前後としているところもありますが、平均で1500万円を超えることはまずありません。

しかし、開業医であれば平均年収2000万円を超えてきます。
これも調査によりますが、2500万円前後というデータもあるため、やはり圧倒的に開業医の方が収入がいいことがここからもわかるでしょう。

収入の多さに魅力を感じ、しかも息苦しい派閥やヒエラルキーに縛られずに済むとなれば、自ら診療所を開業する道を選ぶ人が増えることも頷けます。

クリニックで勤務医の場合、病院勤務より平均年収を上回る

では、自ら開業するのではなく既存の診療所に勤める場合ではどうでしょうか。
開業すれば経営に関する能力も問われますから、そうしたことを気にせずに、しかし医局からは脱したいと考える医師は、雇われる立場としてどの程度の収入が得られるのかは気になるところ。

これはクリニックや診療所によって大きく異なります。
ただ、1200万円を下回る求人はなかなか見つけるのが困難。
つまり、最低でも1200万円以上の収入を得ることができるため、転職すればその時点で病院勤務の医師の平均年収を上回ることになるのです。

多くの診療所では、医師の経験を非常に重視しています。
経験年数によって年収の最低ラインを決めているところが多く、それは、5年目や10年目という形で年収が提示されているケースが散見されます。

5年目で1800万円、10年目で2000万円という求人も珍しくはないですから、大学病院などで数年経験を積んでいる医師であれば、この程度の年収を転職によって手に入れることはさほど難しくないのかもしれません。

収入アップ以外にもプライベート時間をしっかり確保できるメリットがある

何よりも魅力的なのは、年収がアップするにもかかわらず、土日休みで定時に仕事を終えられる求人が溢れている点。
もちろん全てのクリニックに当てはまることではありませんが、転職によってこうしたメリットを手に入れられる可能性が大いにあるのです。